地域密着の治療

行徳近隣で連携した治療

行徳という地域に密着した整形外科・内科クリニックにおいての取り組みとなるのが、迅速に対応できる365日診療が挙げられています。症状に応じて専門性の高い診療に取り組む一方で、行徳近隣のクリニックと連携を図り、高度治療や緊急時に対応できる地域医療を目指してくれています。 さらに治療に関しての取り組みとしては、行徳の地域においてはスポーツ競技人口も多いため、腰痛などのスポーツ障害に特化した専門性の高い治療を行う方向へと突き進んでいるのも特徴です。 腰痛などを引き起こすメカニズムや障害などに関しても内科だけではなく整形医師との連携によって治療方針を迅速にかため、患者の痛みを和らげる治療提供を行う取り組みにも力を注いでいます。

慢性化した腰痛はリハビリ科を利用

スポーツ障害において腰痛を引き起こしてしまった場合、行徳でスポーツ障害に強みを持つ整形外科と連携を図る内科クリニックを受診する手があります。 原因には軟骨を含む骨の変形による腰痛をはじめ、摩耗やヘルニアなどの原因が挙げられる他にも、腰の筋力低下や筋肉の使い過ぎとなるオーバーユースなどが挙げられます。腰痛治療として利用したいのが軽度の場合には電気機器による治療ですが、症状の度合いによってトレーニング方法などまでをアドバイスしてくれます。 さらに慢性化している腰痛の場合にはリハビリテーション科を利用する方法が適しており、腰まわりの緊張した筋肉をほぐして血行改善を図り、栄養状態を改善させて組織修復を促す治療を提供してくれるため、利用したい1つの手です。